伊香保温泉の石段街

伊香保温泉の見どころ

伊香保温泉の観光スポットといえばまず石段街でしょう。ひな壇のような360段の石段があり、石段の両脇にはいかにも風情のある伝統的な旅館と、どこか懐かしいおみやげ屋さんが段々にならんでいます。浴衣姿で石段を登り、一番上にある伊香保神社でお参りするのが人気の定番コースです。

周辺の観光スポットとしては「伊香保ロープウェイ」がおすすめです。他にも伊香保温泉露天風呂や風情のある朱塗りの太鼓橋「湯本河鹿橋」、初詣に人気の「水澤観音」家族連れに人気の「おもちゃと人形・自動車博物館」などがあります。

伊香保温泉 石段街

伊香保温泉石段街は石段がひな壇式に左右に旅館やおみやげ屋さんが立ち並ぶ温泉情緒満点の風景です。温泉に浸かり、浴衣に下駄のスタイルでゆったりと石段を散歩すると、きっと懐かしい風景が蘇ります。最近ではおしゃれなカフェや雑貨屋さんもあり、温泉客はもちろん観光客も多く訪れる人気スポットです。

 


ikaho 伊香保 石段街 / gunmernohito

 


View of Ikao Street / New York Public Library

100年以上前の貴重な写真です。まさに歴史を感じますね。New York Public Libraryより

伊香保温泉 石段街の基本情報

住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保

渋川 伊香保 温泉 観光協会 | 観光・石段街・伊香保周辺ガイド

伊香保温泉石段街はなぜ365段?

私は石段街の数が以前から気に成っていました。偶然365段なんだろうか?それとも意図的に1年の日数に合わせたんだろうか?

伊香保温泉は「万葉集」にも登場してくるぐらいに歴史があります。つまり温泉地として1000年以上の歴史があるわけですね。ただ温泉街としては戦国時代に体を成したようです。そしてよく知られているように明治時代から以降に入って夏目漱石や野口雨情などの文化人が訪れました。観光案内にもあるように「ハワイ王国」大使別邸が作られたそうですが、この「ハワイ王国」と伊香保というか温泉がとても感覚的にマッチしていてすごく印象に残り、興味をそそられました。

話がそれましたが伊香保温泉観光案内によれば400年の歴史を誇る石段街とあります。400年前には石段は数はよくわかりませんが365段は無かったようです。365段になったのは昭和55年の大改修の際に何段か加えて365段になったそうです。

現在では石段街に200年前に存在した12の温泉宿跡地に十二支の印が石段に記されています。私が最初に伊香保温泉に訪れた時はこの十二支の印には全く気づきませんでした。次に訪れたらぜひ見つけたいと思っています。


DSC_0730 / yt_siden

伊香保温泉の共同浴場「石段の湯」から登った石段に与謝野晶子の「伊香保の街」という詩が刻まれています。

メニュー


伊香保温泉のおすすめホテル一覧




メニュー